IT業界のドカタ「SIer」とは

IT業界のドカタ「SIer」とは

こんにちは!

元ラガーマンの脱SIerブログ管理人のゆーじんです

今回はITドカタと揶揄されることの多い「SIer」について述べていきたいと思います

一見、対照的でもある建築業界とIT業界がなぜ同じような扱いを受けているのか

また、SIerとはなんぞやからはじまり、「ITドカタ」と呼ばれる所以についてまとめていきます

「SIer」とはなんなのか

まずはじめに、SIerってなんやねんって方も多くいらっしゃると思うので

SIer」とはについて説明します

「SIer」とは

「システムインテグレータSystem Integrator)」の略です

 

読み方は「エスアイアー」と読むことが多いです。

これは和製英語であり、日本特有の表現になります

「いや、システムインテグレーターってなんやねん!」

という声が聞こえてきそうですね

システムインテグレーターは、個別のサブシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させるシステムインテグレーション事業を行なう企業のことである。

https://ja.m.wikipedia.org/ より

はい、よくわかりませんよね(笑)

これはあくまでも自分なりの解釈ですが(自分自身の体験から)

「システムインテグレーター」とは、様々の機能を持った大きなシステムを細かい機能ごとに分割して、それらを「大人数」で「分担」して完成を目指していく作業をする企業のこと

だと考えます。

また、それらに従事する人たちのことも総称しています

なぜ「ITドカタ」と呼ばれてしまうのか

上記で述べたように「SIer」の特徴として、

一つの大きなシステムを「大人数」で「分担」して作業進めていくことがあげられます

要するにこのような作業の進め方は、細かく分担された作業をするため技術力がそれほど必要とされず、

人を大量に投入することでシステムを完成させることができます

そのため人やお金などリソースを多く保有している大企業が大企業から仕事を請け負い、自社の人間だけではまかないきれない部分を下請けに任せる構造が出来ています。

また、大手のSIerにおいても昨今の人手不足により殊更に下請けへの発注が増えているように思います

そのため下請けが下請けを呼び、またその下請けがいるような構造になっています(まるでマドハンド)

上記のような状態がまるで建築業界の土方と似たような構造であることから

ITドカタ」と揶揄される原因の一つとなっています

「SIer」の悪しき習慣

そのほかにも「ITドカタ」と揶揄される原因は多くあります

  • 顧客との関係性
  • だいたいお金で解決できてしまう
  • 最悪、帰らなければよい精神
  • 企業体質が古い
  • RINGI!!

これはあくまでも下請け側から考える要素です

上記に当てはまらない企業もあるかもしれません

長くなってきたので今回はここで終わりにさせていただきます

「SIer」の悪しき習慣の詳細については次回の更新で書きたいと思います

ここまでご拝読ありがとうございました!